ありがたい話

f:id:kakuu-music:20210107142030j:plain

りり香

何も予定もないのに、仕事始まって早々有休をとってしまいました。とても暇です。

なので久しぶりにブログでも書いたろう!!と思いました。

 

結婚してから、もっと言うと夫と付き合い始めてからあまりプライベートで文章を書かなくなったと感じます。

学生時代は、当時流行っていたmixi(懐かしすぎ、SNS黎明期だったせいかまじで無法地帯だったよね)、社会人になってからはfacebookなど活用して週に2,3回は日記のようなものを書いていた気がする。あと、思うところがあるたびTwitterに連投をしていた。言いたいことがたくさんあったのだなあと思う。

facebookはさいきんめっきり更新しなくなりましたが、「過去の思い出を振り返ってみましょう」と、約10年前までさかのぼってそうした「気持ち」を掘り起こしてくれるのがおもしろい。

若さゆえの痛々しさを感じないこともないけど、忘れていた感情や出来事が

言葉として形に残り、時を越えてまた出会えることは、なんだか嬉しく感じます。

 

(余談ですが、私はこうして数年後読み返しても恥ずかしくならないような文章を常に心がけています。流行りの構文は時間が経つと黒歴史になりがち。あと、読み返したときに何言ってるかわからなくなるともったいないので、日記こそ誰が読んでもわかりやすく書いた方がよい、ぜったい)

 

さて、なぜ夫とつきあってからあまり文章を書かなくなったかというと、

その日その時考えたことをなんでも夫に話すことができるからなんですね。

言いたいことがたくさんあるのに、誰にも言えずに…「誰に言ったらいいかわからない」のが近いかな、SNSに垂れ流していたんだなーーと思います。

 

夫には考えていることをほとんどしゃべってしまう。

とはいえ、共感してもらえないこと、理解が得られないことも当然ありますが

結果バトルに繋がることもままありますが

それだけちゃんと聞いてくれる人がいるのは、とてもありがたいことだと思っています